公務員試験対策!政治学 > 国家 > <% article.subject %>

多元的国家論と一元的国家論

□現代の国家観
  @一元的国家論                                                                 一元的国家論
     →国家をあらゆる社会集団の上位に位置づける考え方
       ヘーゲル;国家 人倫)の最高形態

 A階級国家論(theory of class state);
  マルクス主義の国家論
     →国家を「階級抑圧」または「階級支配」の機関と
   する考え方


 
               
      
      圧倒的優越
        
  B多元的国家論
      →国家を他の社会集団と同様、特定の目的を持つ集団の一つとみなす考え方
      【背景】
        国家の変質;夜警国家 福祉国家
        国家介入の増大-----「自由主義の危機」

 
 【特徴】
       国家の絶対的優位性の否定                                           多元的国家論
        国家 一定の機能を遂行するための
     社会集団(アソシエーション)
の1つ
      1ラスキ
  「権力 国家から他の諸集団に分割すべき」
          国家=各社会集団間の調整役
      2E.バーカー;
  「社会には国家の介入すべきでない領域がある」

 
      国 家  
        
調整

 
          
         
  
  
          
      3)その他;マッキーバー,リンゼイ etc... 


人倫;社会の中で客観化された倫理。

【過去問】
国家に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。【国税】

 1.多元的国家論は、国家と他の集団との差は明確に存在すると考えるものであり、代表的支持者としては、E.バーカーやH.ラスキなどがいる。
 2.アリストテレスは、国家は家や村などすべての社会集団を包括する最高の共同体であり、その目的は最高善の実現にあるとした。
 3.ルソーは、国家と市民社会を区別し、市民社会は国家に全体的に統治を信託しているとした。
 4.マルクスは、国家を階級支配の機関と定義づけ、プロレタリアート革命後の社会において、国家はより発展  を遂げるとした。
 5.ホッブズやロックは、国家を共同社会ではなく、諸民族の連合体であると考えた。

【解答】
 正答 2

| 国家
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。