公務員試験対策!政治学 > 国家 > <% article.subject %>

ラスキの多元的国家観

□ラスキの多元的国家論
・国家は他の多くの集団と並立する存在にすぎない。
・国家は諸集団の利害の調整を行う役割を有する。
・国家の絶対的優位性を否定し,国家を他の集団と同列に捉えることによって個人や集団の自由を確保していこうとする。
【過去問】
国家に関する次の記述のうち、H.J.ラスキによって展開された多元的国家論の国家観に最も近いのはどれか。 【地上】

 1.国家は、大学、労働組合やほかの多くの集団・社会と同様、そのうちに統一的な意思決定機構と不服従者に対する制裁措置をもつ組織の一つに過ぎない。
 2.国家は、一定の地域を基盤にその地域にある多元的な集団・社会を統合し、これに最終的な強制力を有するという点で、他の集団・社会に優越する組織である。
 3.国家は、自立的に成立した多くの集団・社会を前提に、これらの集団の安全を保障し、集団間の利害の調整を行なうため、委任された一定の権力を行使する組織であり、委任される範囲により多元的に存在する。
 4.国家は、優越した主義の存在を前提に、集団・社会の多元的な福祉・利益を積極的に増進するために、これらの集団・社会に公的に介入することを許された唯一の組織である。
 5.国家は、その基盤となる民族などの集団・社会の在り方によって、さまざまな組織内容で成立するものであり、これを一義的に定義することは困難である。

【解答】
 正答 1
| 国家
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。