政治的リーダーの資質

□政治的リーダーの資質論
  @プラトンの資質論
      →「哲人王」であること
      哲人王-----(政治の目標である)「善のイデア」を認識し、(政治の技能として)「高貴な嘘」を駆使し、
        政治と哲学の合体を成し遂げようとする者
        →権力と哲学を兼ね備えた人物

  Aマキャヴェリの資質論
      →「狐の知恵」と「ライオンの見せかけ」を兼ね備え、時には「悪しき手段」も採用

  BM.ウェーバーの資質論
      →情熱的献身,洞察力6),責任感(結果責任)

        cf.責任倫理と心情倫理
          責任倫理 ⇒ 達成された結果の責任を問う  心情倫理 ⇒ 動機さえ正しければ結果は不問


 

【過去問】
マキャヴェリの政治思想に関する次の記述のうち、妥当なのはどれか。【地上】


 1.マキャヴェリの究極的な政治的理想は共和国にあり、君主国は国家の建設という例外的な状況においてのみ有効とされた。
 2.マキャヴェリは、君主が道徳・倫理とは無縁に権謀術数を弄することを是認し、君主支配の自己目的化を容認した。
 3.マキャヴェリは残酷な君主と憐れみ深い君主を比較し、外見上人々の信頼を得やすいという理由から憐れみ深い君主が勝るとした。
 4.マキャヴェリはM.ウェーバーのいう「心情倫理」を君主に期待し、君主が国家統一および維持に最善を尽くそうと努力することが重要だとした。
 5.マキャヴェリは、ヴィルトゥ(力)によってフォルトゥナ(運命)をまったく意のままに操ることができるような強力な君主像を抱いていた。

【解答】
 正答 1

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。