ロビイストとロビイング活動(2)

□アメリカのロビイスト関連法
    1946年 連邦ロビイング規制法
         →透明性の確保,規制の形で事実上公認

  1995年 連邦ロビイング公開法

    今日のロビイング活動の対象;依然議会中心だが、草の根的活動(グラスルーツ・ロビイング)へ
                                例)有権者に直接訴えて議員を動かす。

【過去問】
アメリカにおけるロビイストに関する記述として、妥当なのは次のどれか。【地上】


1.ロビイストは、政府の委嘱を受けて政府の各種の諮問機関へ代表を派遣し、政府に有利な法案となるように議員へのロビイング活動を行う者である。

2.ロビイストは、対世論活動を効果的に行う必要性から、その多くが政治家や元新聞記者であり、弁護士や元公務員は見られない。

3.ロビイストは、主として議員に働きかけていたが、最近は活動方法を変化させており、グラスルーツ・ロビイングを通して世論にも働きかけている。

4.ロビイストは、社会的利益の実現のため議員に働きかけるが、官僚や大統領に直接働きかけたり、自ら法案を作成したりすることはない。

5.ロビイストは、活動に対する法的規制を受けておらず、議員への情報提供や議員からの情報収集を行うなどの活動を展開している。

【解答】
 正答 3

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。