ロビイストとロビイング活動(3)

□アメリカの圧力政治の特徴
 1)職業的ロビイストの存在
 2)主に立法府が対象(イギリスは行政府)

□日本の圧力団体の特徴
 1)立法府より行政府が対象
 2)政党ごとに系列化(政党との結びつきが強い)
 3)成員の自発的参加意識が低い
【過去問】
アメリカの圧力団体の特徴に関する記述として、妥当なのはどれか。【地上】
1.アメリカの圧力団体は、職業的ロビイストを通じて、自らの利益の擁護や促進のために政治的影響力を行使しようとする傾向が強い。

2.アメリカの圧力団体は、既に他の目的で存在している集団を、自らの下部組織として取り込む傾向が強い。

3.アメリカの圧力団体は、政党別に系列化されており、選挙に臨んでは組織内から候補者を送り出す傾向が強い。

4.アメリカの圧力団体は、審議会を通じて行政部にそれぞれの利害を表明する傾向が強い。

5.アメリカの圧力団体は、同種の利益の集約化を図るため、競合的な団体を統合していく傾向が強い。

【解答】
 正答 1 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。