イギリスの議院内閣制

 
    イギリスの議院内閣制  

                             
  
    
 
                       
  上院議員を任命↓      首相を任命
     
                                             
         
                        上院 下院          首相 =下院の第1党の党首
       
                                 選挙         任命
       
                                        大臣 =与党議員


   □日本の議院内閣制

   
【イギリスの議院内閣制との違い】

 (1)国家元首が天皇
 (2)上院議員も直接選挙される

 (3)大臣はその過半数が国会議員であればよい
 (4)
最高裁が上院とは別に設けられている

 


[1])イギリスの最高裁は上院に置かれており、法律の専門家が貴族に任じられて、職に当たる。

【過去問】
主要国の政治機構に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。【地上;1997】


1.イギリスの議院内閣制が日本のそれと違う点として、内閣の閣僚は議会に議席を有していてはならないことと、議会に内閣に対する不信任決議権が認められていないことが挙げられる。

2.アメリカの大統領には議会の解散権が認められず、法案提出権も認められていないが、議会に教書を送り国政全般についての報告を行うことや、必要な法案や予算の審議を勧告することができる。

3.フランスは国家元首として大統領を置いているが、行政は議院内閣制で運営されている。大統領は議会で選出され、その地位は国家を代表する儀礼的なものにすぎない。

4.ドイツは大統領と内閣の役割分担が流動的で、政治的決定が大統領と内閣で重複する場合がある。大統領は直接国民によって選ばれ、首相の任免,議会の解散,緊急事態での非常大権などの権限を有している。

5.中国は国家主席と国務院総理の二頭制を採用している。大統領に相当する国家主席は全国人民代表大会で選出され、首相に相当する国務院総理は国民投票によって選出される。


【解答】
 正答 2

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。