シュンペーターの競争的民主主義

□シュンペーター;「競争的民主主義」の理論
  デモクラシーの本質 ⇒ 選挙の存在-----デモクラシーを形式的に解釈
    民主主義 ⇒ 政治的リーダーシップを獲得するための競争
                純粋な政治的概念-----社会経済的概念ではない
                  (資本主義,社会主義と結合可能)
【過去問をチェック!】

ダールのポリアーキー

□ダールのポリアーキー                                             
  【民主化の尺度】                                                   
    1)公的異議申し立て(自由化)                               
 
      =政府に公然と反対意見を唱えることが可能
    2 選挙に参加し公職に就く権利(包括性,政治的参加)
      =政治に参加できる人の数が多い
競争的寡頭体制 ポリアーキー
 
閉鎖的抑圧体制 包括的抑圧体制
                                                                                                                 包括性 

【過去問をチェック!】

レイプハルトの多極共存型民主主義

□レイプハルト;多極共存型民主主義
  国内に民族,宗教,言語等を同じくする集団が複数存在する中欧諸国(オランダ,ベルギー,スイス等)を
  念頭に置き、多極共存型デモクラシー(コンソシエーショナル・デモクラシー)の概念を提示
  →「多元社会でも安定した民主主義を達成可能」
        例)ベネルクス諸国,オーストリア,スイス
            →「異なるサブ・カルチャー(宗教・言語・民族etc...)によって社会的同質性は欠けているのに、
        なぜ政治的には安定しているのか?」


      【成立の条件;4つの安定装置】
        1)大連合(エリート間の協調)
          多元社会の重大なセクションの政治的指導者達が、その国を統治するために「大連合」の中で協力
        2) 相互拒否権(全会一致制)
          少数派を保護するために、できるだけ全会一致で決定
          例)宗教,民族問題について多数決で処理しようとすると、対立が深刻化
        3) 比例制原理(⇔多数決原理)
          例)各セクションに政治補助金を比例的に配分
        4) 各セクションの自律性
          →少数派の自決権を認める

       cf.ネオ・コーポラティズム[1]



[1])第二次大戦後のヨーロッパ諸国で、労・資の巨大組織が国の政策決定or執行過程に参加した事例を指す概念。コーポラティズムは、職能代表制によって政治的・社会的調和を実現しようとする思想・運動・体制(例;ファシズム)。

【過去問をチェック!】

マクファーソンの西欧型民主主義の類型

□マクファーソンの西欧型民主主義の類型
  →デモクラシーを西欧型の自由民主主義とそれ以外に分類
   西欧型 以下の4類型

     
直接民主制と間接民主制の混合形態を主張
           
 防御的民主主義 政府による抑圧から国民を守る ベンサム
 発展的民主主義 個人の人格的発展に寄与 ミル
 均衡的民主主義 行為者間の均衡に基づいて決定 ダール
 参加民主主義[1] 国民の政治参加に基づいて決定  -----
 

[1])マクファーソンは、「より公平で人間的な社会は、より参加的な政治体制を必要とする」として、具体的には、地域社会への直接民主制と、競争的政党システムの導入によって実現されると主張した。

【過去問をチェック!】

アリストテレスによる政治体制の分類

□アリストテレスによる政治体制の分類;
 1)統治の目的 共通利益or統治者の利益
 2)統治者の数
   ポリティア-----市民が共同で統治 可能な最善の政体として高く評価
 
         
  共通利益のための支配       ポリティア
  統治者の利益のための支配       [1]
 

[1])この場合の民主政(デモクラティア)は衆愚政治を意味する。

【過去問をチェック!】

近代と現代の民主主義

□現代の民主主義
 19世紀市民社会 理性的・合理的な市民が中心となって、リベラル・デモクラシーを運営
 20世紀大衆社会 感情的・非合理的な大衆が台頭-----デモクラシーの変質(大衆デモクラシー)
 
 内 容  古典的リベラル・デモクラシー  大衆デモクラシー
 担い手  市民(財産と教養を持つ人々)  大衆(平均的な人々)
 世 論  理性的・合理的  感情的・非合理的
 選挙制度  制限選挙(市民に限定)  普通選挙(大衆に解放)
 議会運営  合意形成が容易  社会の多様な利害 合意形成が困難

 
【過去問をチェック!】

民主主義の歴史

□民主主義の歴史
 1.古代ギリシアの直接民主主義
  古代ギリシア;
  
ポリス(都市国家)における政治体制-----デモクラシー
       市民(市民権をもつ成年男子) 民主政治の担い手[1]
       民主制 「衆愚政」に転化の危険
        「無秩序と混乱を伴った無知蒙昧な民衆の支配」-----マイナス評価

  2.市民革命期の民主主義
  ポリスの崩壊 中世-----デモクラシーは実現せず
  デモクラシー概念の復活 市民革命期
  市民革命を支えた勢力
   
資本家;国王の専制に反対、国民の自由を主張(自由主義の立場)
    労働者;平等な社会の実現を主張 デモクラシー(民主主義)

  3.近代の民主主義
  
    →自由主義と民主主義の対立
    市民社会の担い手 資本家(=市民)-----平等を求める労働者の思想としての民主主義を危険視)
                     
       
自由主義と民主主義の融合
[2](トクヴィル)
[1])実際にポリスでは、民衆が直接政治に携わる政治形態(直接デモクラシー)が採用されていた。
[2])トクヴィル以降、彼の唱えたリベラル・デモクラシー(自由民主主義)の思想は、徐々にヨーロッパ社会に根づいていった。

【過去問をチェック!】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。