公務員試験対策!政治学 > イデオロギー

イデオロギー

□イデオロギー(ideology;観念形態,社会的意識)
  →一定の体系性を持った思想や信念

(1)社会集団(国家・階級・党派など)において思想・行動や生活の仕方を根底的に制約している観念・信条の体系。歴史的・社会的立場を反映した思想・意識の体系。観念形態。
(2)一般に、政治的・社会的な意見、思想傾向。
(大辞林)

    本来;観念(対象の心の中での捉え方)
     信条(常に固く信じている事柄)
     態度(物事に対する心構え)   ...の複合形態


□イデオロギーの理論
(1)マルクス,エンゲルス(唯物論[1]or史的唯物論)      イデオロギー 「虚偽意識[2]   下部構造(経済) 政治的・文化的なイデオロギーや制度を規定               上部構造-----政治的制度やイデオロギー                               下部構造-----経済 
(2)イデオロギーの「存在(被)拘束性」;マンハイム
   知識 「歴史的・社会的に規定された枠を超えて形成されることはない」存在()拘束性      歴史的・社会的背景 知識を規定 
(3)「イデオロギーの終焉」;ベル
1960年代
   イデオロギーの終焉論-----「資本主義と社会主義の間のイデオロギー対立は終わった」と主張。   【要 因】    安定した経済成長と福祉政策の導入 階級対立の無意味化etc...          →「イデオロギー対立よりも具体的政策が問題」        cf.アロンのマルクス主義批判[3] 


[1])マルクス主義の歴史観。社会構造やその歴史的発展の基本的要因を、人間生活の物質的条件(物質的生産)を基礎として把握しようとする 立場。
[2])結果的には、イデオロギーを批判したマルクス主義自体がイデオロギー化していったのであるが。
[3])アロンは、マルクス主義の「資本主義vs社会主義」というとり上げ方(シェーマ)を否定した。

【過去問をチェック!】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。