サルトーリの政党制論(3)

【二党制の神話】
    政党政治に関する神話;「二党制こそ民主主義下の最頻パターン」
     →サルトーリの分類では、二党制は決して最頻パターンではなく、現実には例外的
         (→多党制が主流)

       政権の安定 ⇒ 「限定的多党制」か「分極的多党制」かに依存
【過去問をチェック!】
| 政党

サルトーリの政党制論(2)

□サルトーリの政党制の類型(2)
 競合的システム
      1)一党優位政党制
    平等の地位を持つ複数政党間で競合が展開されるが、一党が長期間圧倒的な力を保っている
        例)55年体制下の日本の自民党の一党支配体制
      2)二党制
    二大政党で競合し、政権交代もあり、第三党以下は影響力を持たない
        例)イギリス,アメリカ
      3)穏健な多党制(限定的多党制)
    政党数が3〜5で、連合政権が一般的であり、政党間のイデオロギー距離が小さい
        例)ドイツ,オランダ
      4)分極的多党制(極端な多党制)
    政党数が6〜8で、政党間のイデオロギー距離が大きく、大きな反体制政党も存在
        例)フランス,イタリア,スイス
      5)原子化政党制
    極度の混乱期に発生し、抜きんでた政党がなく群小政党が乱立
【過去問をチェック!】
| 政党

サルトーリの政党制論(1)

□サルトーリの政党制の類型
(1)非競合的システム
      1)一党制
    1つの政党だけがその存在を法的に許される
        例)旧ソ連,中国,ナチスドイツ
      2)ヘゲモニー(覇権)政党制
    一党以外の政党も存在できるが、衛星政党としての地位を超えたり、支配政党に挑戦したりできない
        例)東欧革命以前のポーランド,メキシコ
【過去問をチェック!】
| 政党

マシーン

□マシーン
 →アメリカの,利権や猟官制に基づいた集票組織
【過去問をチェック!】
| 政党

デュベルジェの政党の類型

□デュベルジェの分類
 1)幹部政党
  有力者を中心に構成,正式党員は少数,選挙運動中心,議員連合体的性格
  2)大衆政党
  党勢拡大に関心,資金は党員の党費で賄う,集権的ヒエラルヒー構造
  3)間接政党(中間政党)
【過去問をチェック!】
| 政党

政党の活動資金

(1)私費型
 1)党費:イギリス
 2)寄付:アメリカ

(2)公費(補助金)型
 ドイツ

(3)私費+公費型
 日本
【過去問をチェック!】
| 政党

政党の機能

【政党の機能】                                                                  政党と圧力団体
 1)利益表出機能

 2)
利益集約機能 政党の第一義的機能
 表出された利益を1つの体系に集約 

3)
政治的補充と社会化(政治的リーダー輩出)機能
 

4)
政治的コミュニケーション機能
 政治に関する情報の受信・発信
    政  党 
   政権維持・獲得  国民の利益 政策の実現  集団の利益
第一義的    機能 利益集約機能 利益表出機能
      弾力的   非弾力的
 
【過去問をチェック!】
| 政党

ウェーバーによる政党の類型

□ウェーバーによる政党の類型(発展段階)

 1)貴族主義的政党                                         名望家政党と近代政党
 第1次選挙法改正(1832年)までの時期の イギリスの政党

2)
名望家[1])政党(=幹部政党) 第2次選挙法改正(1867年)までの時期 制限選挙制下で地方の名望家が財産と名誉と 教養の下に議員となり、政党の一員として活動
  名望家政党   近代政党
支持基盤  市 民(制限選挙)  大 衆(普通選挙)
 特徴      集権的(寡頭制)
党の規律  弱い  強い
  3)国民投票型民主政党/近代政党(=大衆政党,組織政党) 第2次選挙法改正(1867年)以後 普通選挙による大衆の政治参加の拡大 全国的組織の必要,大衆的支持に基礎 


[1])評判が高く人望のある人。

【過去問をチェック!】
| 政党

政党

□政党
 →共通の理念や政策をもち、その実現のため、政権の担当or獲得を目的とした政治活動を行う団体

□政党の起源
    17世紀イギリス;
   ジェームズ2世の王位継承問題 ⇒ 議会内に反対派(保守党)と賛成派(自民党)-----政党誕生
【過去問をチェック!】
| 政党
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。